源究212n212

 

NO  テーマ  月日  NO   テーマ  月日  NO   テーマ  月日 
 3751  看板と実態    8/30  3756  清算法人  9/11  3761  引き分け   ☆
 3752  ふと想う   9/2  3757  挫折から 9/12  3762  流汗同労   ☆
 3753  韜晦(とうかい)   9/5  3758  忘れ物  9/15      
 3754  カラスの言い分   9/7  3759  何を学んだか?  9/18      
 3755  静観or無関心   9/9  3760  Time is maney   9/21      

3751:看板と実態

 看板に偽り?実態は・・・様々に・・あの手この手で売り込む算段ばっかし。
 ここは 確と腰を据えて、詩人 茨木のり子、知る人ぞ知る昭和を生きた代表的詩人、今でも彼女の詩集は多くの人に読まれている。昭和元年生まれ、歯に衣(きぬ)着せぬ彼女の詩はどうして生まれたのだろう?現代人が失ったモノを明治~大正~昭和を生きぬいた先人達から学ぶことは必要だ。特に政治、経済、文化各界で日本を引っ張ってきた人達の”健気(けなげ)”さや”気骨”には魅了される。それがどうしたことか最近の人間不信は相当酷いことになっていないか、オブラートに包んだような開き直り、看板に偽り多く 何を信じて良いか分からない状況(御都合主義)は既にこの国全体を覆っている。
 詩集『倚(よ)りかからず』茨木のり子を紹介します。
  ・・・・もはや できあいの思想には倚りかかりたくない  もはや できあいの宗教には倚りかかりたくない もはや できあいの学問には倚りかかりたくない
       もはや いかなる権威にも倚りかかりたくない  ながく生きて 心底学んだのはそれくらい
         じぶんの耳目 じぶんの二本足でのみ立っていて なに不都合のことやある 倚りかかるとすれば それは 椅子の背もたれだけ・・・・
 
 永田町、霞が関に屯して形勢が悪くなるといつだってそうだ。オブラートに包んだような言い訳、目が虚ろで どこをみて話しているか判らない。アンタ達は何を言いたいのか 自分でもわからないんじゃ~ないの。そりゃ~そうなるわな!何かに倚りかかっていないと立っていられないんだもの。言い過ぎでしょうか。
 私の愛車は軽トラ、冷房は無いが 使い勝手は抜群。最近の湿気を充分含んだ天気により雑草はやけに勢いを増している。あっという間に草が生い茂る。私の草刈り道楽は 大繁盛ing。
 不釣り合い?の真っ青の半袖と穴のあいた長袖繋ぎ服を交互に着て まるでカラスの様に 目に止まればどこからでも作業開始。手がつけられないと周りはみているかもしれない。
 ”七郎さん”は、いつも熊手をもって手伝ってくれる。今まで一緒にやっていた二人の相棒は、一人は≪定年だ!≫と謂って手を引いた。もう一人は 絆創膏を取り換える時に爪もとれたと謂って≪草取り ダメ!≫と宣言した・・・・園庭の中央に一坪田んぼをつくって水道から水やり専門、七郎さん!その仕事は一休み?、私の相手を買って出る。二日前、彼がポケットから何やら紙を出し私に見せにきた。”何?”と聞くと黙って私に手渡した。
 ・・・・あんちゃんとねえちゃんにあいたいです。ひちろう・・・・と書かれてあった。スタッフの誰かが代筆したらしい。
 コロナ禍で家族との面会ができない期間が随分長くなった。これが実態です。アンタら冷房きいた部屋で働き方改革か・・・・何 言ってんだよ。まったく。七っちゃん 怒れ!

3752:ふと思う

 不意に思いだすこと・・・・・!お盆が終わり秋分の日が彼岸中日。毎年この時期になると体が少しスリムになる。ジムなどに行かなくても自然にそうなるんだから安上り。座ったり立ったりをどれ程やるか、中でも草刈りは健康維持のストレッチ、これ、私流の働き方改革、今、右手の中指の爪の部分が痛い、小さな蓄冷剤を手に当てながらキイを打つ。なぜこうなったのか 原因不明。
 ふと彼岸に渡った人達を考える。ああ・・・・そうだ。もう あの人はいないんだ~。歳相応に黄昏の時間が増えたように思う。
  蝉の声に気付いた。即、耳鳴りかもしれない。このまばたきに無常の風流韻事??? 濁流に句末の韻はなんとする・・・・????流れが止まれば澱みになる・・・。けれど無常は決して無情ではない。
 
 
 夕方、突然の雷雨となった。停電に何度もなった。凄まじい稲妻と雷音と雨、引っ切り無しにスマホに管理会社から停電を知らせるメッセージ、間もなく尚恵のスタッフから、園内に落雷があり、非常ベルが鳴りっ放しという連絡が入った。報知器に異常がおこれば消防署に自動転送される。今から消防車を向かわせるという。24時間対応の管理会社に連絡、破損した部品を交換し2名の社員は安全を確認して帰った。夜中の10時になっていた。
 日頃の準備と訓練の大切さを実感する。
 勿論。身近に起こる災害に諦めて何もしないことは許されない。920ヘクトパスカルという猛烈な台風11号の動きは気紛れで停滞後、迷走し始めた、備えを充分に行ったとしても果たして無事でいられるか!
 繰り返し繰り返し襲ってくる自然の猛威に私達は何を学び何ができるというのか? ウクライナで起こっていることを考えると人間の愚行・非情さは間断なく続いている。せめて生得、経験、批判により良心の呵責を感じ、邪悪に立ち向かう勇敢な人々のいることを忘れまい。
 

3753:韜晦

 韜晦(とうかい)という字の意味は、自分の本心・才能・地位をつつみ隠すという意。茨木のり子詩集『倚(よ)りかからず』の解説に≪信念を持つ自分を誇るのではなく、羞じるところが茨木さんらしい≫と(山根)。そこに韜晦という言葉があった。
 往々に頼まれもしないのに自画自賛、そして、自分の恥部を必死に隠そうとする。この真逆の態が近年、高位にある者に益々蔓延していないか!日本語の共生・持ちつ持たれつの解釈がオカシイ、それは「私利に目が眩む」から相手に上手く通じないことになる。
 詩は散文とは違い字をいかに削ぎ落とすかである。図星だよ。憲法・・云々より、先ず、日本語を学び直し、羞じることを考えないと偉いことになりますよね。
 諦聴!喝! 
 
 肩書、名聞、虚偽、詐称、詐欺、隠蔽、贈収賄・・・・・・! これ等のコトバが徒党を組み、湿度90%越えの気怠さを後ろ盾にしてなって漫歩する。これって支離滅裂の文章でしょうかね。
≪秋涼のみぎり≫≪白露の候≫・・・普段、余り手紙は書かないが 10人ほどの方々へ配るものがあって気付いた。どうしても添え書きの始めの挨拶が浮かばない。 焦りではない。あきらめか!一糸乱れず整然と行進する軍のパレードも各自が勝手気儘な服を着てプラプラ歩く姿も真逆のようでそうじゃない。どちらも”人間様”の為せること、自然界に ここまでやるものが果たしてあるのでしょうか?擬態・・・他の動植物に似た形や色になること?隠蔽的擬態と標識的擬態があるらしい。おそらく人間ぐらいだ。 限度を弁えず必要以上のものを手にいれようとして奪い合う。
 玄関の外灯のある壁にピタリとへばり付きジッとしている”カエル”。鳥などの外敵から身を守るためなのか?それとも夜、灯りに集まる虫を捕食するためなのか?カエルに尋ねることもできないので 何日か観察する。
 どうも捕食のためらしい。昼間には どこかにいってしまい壁にはいない。その辛抱の強さは想像を絶する。
 普段 気付かない小動物の生態から、”人間”は温和謙譲を学ぶのが先なのかもしれない。自分達の主義、信条をいくら声高に主張しても自然環境を壊してしまえば、どうなるか。結果はあきらか収拾つかないことになる。

3754:カラスの言い分

 ふとカラスの言い分はと考えた。
 カラスは田園や人家近くにすみ、雑食性で何でも食べる。古くは神意を伝える霊鳥とされたが、今は凶兆を告げる鳥と思われている。カラスからすれば偉い迷惑な話かもしれない。彼らは電線や木の上にとまって下界の様子を伺っている。突然、大きな声を出し仲間を集め集団で行動する。孤高というより徒党。寺周りにも常連さんがいる。 お盆や彼岸、墓前にあげられる食べ物を狙っている。普段はゴミ集積場、生ごみを食い散らかしいくら掃除をしても切りが無い。これだって神意を伝える霊鳥と言えないでしょうか。”お告げ”ですよ。”お告げ”、人間が良かれと思っていることに一考。
 カラスによる人間の生態観察。鳥の言葉を理解できる人がいるというが 私にはできない。でも凶兆(悪いことの前兆)を告げていると思うとハッとする。人間の社会は偽りの共存共栄、飽食と飢餓をみれば判るはずといっているように観じるのです。
現に九人に一人世界で約8億の人々が飢餓に苦しんでいる。(WHO・SOFI報告)。人々はそのことを知っていながら何もできない&何もしない。カラスからみたら なんと人間は自己本位で愚かな生き物かと思っているかもしれない。
 
 
 成長と進歩・・・貴方はこの言葉を鵜呑みにしていませんか?
 豊かさ、便利さ、スピード、・・追い求めた結果はSDGS・・・後戻りすると謂えば、アイツは敗者とレッテルを貼る。ブータンに行った時、鉄道の無い国がどうなのか? 同じ仏教国であって日本と真逆の姿に愕然とした。国の幸福度で当時、世界一のブータンと下から数えたほうが早い日本・・・島国の日本が大陸と海底トンネルで繋げるという”話”は今どうなっているのですか?
 ・・・・〈絶望は虚妄だ 希望がそうであるように!〉 というわかりやすいのもある 今この深い言葉が一番必要なときに 誰も口の端(は)にのせないし 思い出しもしない
      私はときどき呟いてみる むかし暗記した古風な訳のほうで  〈絶望の虚妄なること まさに希望に相同じい〉・・・・茨木のり子詩集『倚りかからず』P98、「ある一行」・・・
 *ハンガリーの詩人 ペテーフィ・シャンドル(1823-49)

3755:静観or無関心

 ≪推移を見守る・・・≫か≪戦々恐々≫か、どちらにしたって、本人が一番良く判っていることです。必死に冷静さをよそおうには、形勢は厳しい、百戦錬磨と言えば聞こえは良いが、咲き乱れたる百花の凋落飛散の運命は如何ともしがたし。斯様な証は数え切れまい・・・。潔く罪の一切を自ら発露懺悔することを願うのみ。
静観or無関心は妙なる心中か。世間の眼に耐えられるか、おおいなるものの慈悲に縋(すが)るには理に合わない。人間は引き際が肝心。
 道を見誤れば その代償は貴方が考えているほど小さくはない。
TOKYO!・・・招致決定の瞬間、関係者の狂喜乱舞→コロナ禍により延期→1年後観客制限開催→終了。そして・・・・・。表と裏の怪現象、そこに課題だけは遺った。
 
 無関心⇔無責任。人間の本性は不意に顔を出す。”無”の解釈は科学と哲学ではどう違う?仏教の無や空の解釈とはどうでしょう?それらに共通点は有るのかないのか! 三法を敬うとは無常や無我とどう向き合えば良いのかの道標。 
 ・・・・永遠なるものを求めて永遠に努力する人を”菩薩”という・・・・永遠なるものを何と考えるか?それを問い続けることが肝心。
 玄奘の伝えた唯識では、全ての実在の根源を阿頼耶識(あらやしき)にあるとする。。
 現代社会を考えた時 誰しもが不安を感じている。10人いれば考えは10人違う。これが本性とすれば不安は今に始まったものではないことになります。
そのことをどう考えるかでしょう。だったら 自分は好き勝手に生きてやると思うかそれとも・・・・・・・。法を破れば裁き(罰)を受ける。この道理をも否定する極端な状況は異常だ。
 竜樹の中観の教えは偏り過ぎた考えの否定です。法を護り、賢く戒める。
 静観は諦観に通じ、無関心は無責任に通じる分岐点。

3756:清算法人

 法人が解散した後、その清算の目的の範囲内でだけ存続する法人。幻想が現実か?幻想であって欲しいと誰もがおもうことなのに、その実体はあまり知られていない。否、それを知らせるものも無い。”また 始まったか アイツはどうしようもない”とレッテルを貼られるのが落ち? 静観か無関心、これは意味深です。想像したことありませんか?国が破算したらどうなるか・・・等々、”縁起でもない” ”俺には関係ない”・・・とでも!取引にはルールがあって当然? 保証人をつけお互い納得のもとに契約書を作成する。イロハの話ですね。 現実はまだまだそこに至らないことって多過ぎませんか。だって国が保証するから安心ということにならんでしょう。今でも互いの信頼で口約束、世間にはこの類(知らぬ存ぜぬ)の話は捨てる程あるんじゃないですか!いざという時の静観・無関心。 仏教はこうなる根本の原因を”煩悩”、その中でも3つをあげています。それが貪瞋痴の三毒。
 懺悔の文にある。・・・・≪善友に随わずして痴人に親しみ 善根を勤めずして悪行を営む 利養を得んと欲して自徳を讃じ 名聞を欲して他遇を誹る(そしる)≫ そうなる道筋を判り易く示した。
借金の先送りは”ツケ回し”と同じですよ、それも惜しげもなくやってきたのは どこの国だったでしょう。昨日 国会閉会中審査のテレビ中継をみていて確信した。静観・無関心⇔貪瞋痴 → 無責任⤵。 
 
 現実を直視せず、どのような絵を描いても理に合うまい。≪裏をみせ表をみせて散る紅葉 形見とて 何か残さむ 春は花 山ほととぎす 秋はもみじ葉≫ 良寛辞世の句です。
 この句からホンネと仄々(ほのぼの)とした雰囲気を感じる どうしてでしょうね。一方どんなに美辞麗句を並べても 人心は離れていくばかり。なぜそうなってしまうのでしょうね。 自ら責任を取らず他人の所為にする。 どうしてこうなってしまったのかな~??? 嘗ての日本人が大事にしたつつましさ・虚飾のない生き様が薄れていくような気がする。私の思い過ごしなら構わない。
 世を憂いるナマグサ坊主で結構だ。
今年8月に90才で亡くなった稲盛和夫さんが≪人生で一番大事なことは何ですか?≫と聞かれ語った
・・・一つは、どんな環境でも真面目に一生懸命生きること。もう一つは、”利他の心”自分だけでなく皆を幸せにしたいと常に心に描いて生きていくこと・・・・でした。 

3757:挫折から

近ごろ 思うことが多い、先をみれば 焦り狼狽える・・・・。無為無策の歯痒さは 私達が負わねばならない宿命なんでしょうか。
 ・・・地獄に行こうが 極楽に行こうが 行ったところが丁度良い・・・散る桜 残る桜も 散る桜・・・(良寛)  この二つの句から自然に身を任せる良寛の生き様を観じます。
 経営の神様と謂われた稲盛さんの言葉からは常に自問自答しながら生きてきた姿を観る。挫折も数え切れぬ程経験したことでしょう。 どんな環境に於いても一生懸命に生きてきた人ですね。我々に、その気持ちはあったとしても挫折し止めてしまう、そこから這い上がる術がない。 できない言い訳ばかりを考え、挙句の果てに他の所為にしてしまう。私も同じかもしれぬ、これは、どこかに自分を良く見せたいという欲があるからです。
 自問自答は懺悔となり、新たな道の発見につながると信じます。己に正直に生きる人と偽って生きる人の差。完璧な人間はいないし、1人じゃ~ 誰だって生きて行けないんだから。その自覚があるかないかでしょうね。
 パキスタンで国土の1/3が埋まる大洪水が起こり 3300万人が避難民となっているという。
 
 利便性の副作用、サギメールに注意! ちょっと変だと思いネットで調べてみると 既に幾つもの警告がありました。警告は一様に決してアクセスしないで下さい! 不特定多数の人に自動転送できる便利さはどこまで進化するのだろうか?もはや芋づるの態となり、それが悪用されればどうなるか!規制は追い付かず。新たな機種を次々に出すメーカー、業績を上げるために他社に無い機能を創造し勝負する。よく考えてみなよ。その機能をどれだけの人が実際に活用しているでしょうか?これも副作用、本来の目的からズレてしまったのは、全てがユーザーの自己責任で片づける。
 速さ、便利さへの偏重は気が付けば”人間らしさ”の喪失という思ってもいなかった病に苦しむことになりますよ。それは愛おしさ・慈しみ・温もりなど昔人が大事にしてきた”こころ”が消えて行くこと・・・・・・。勿論 これが原因だという断定はできませんよ。でもね~ステージ(病期)が上がってしまってから気付いても治療は難しくなる・・・・・。そんな気がしてなりません。
 現代病に共通するのは”丁度良い加減を見失ってしまった症候群”。果たしてその特効薬は開発されるでしょうか!
  

3758:忘れ物

 ≪・・・・・・?≫日本の危うさを感じるのは、常識を忘れてしまった大人達が増えたこと。≪ちょっと まって。あいさつ位してよ≫すると怪訝な顔をし≪使ってダメなの?≫≪他の家のトイレを借りる時ぐらいどうなのよ≫このやり取りはお互いに不満だけ残った。掃除をしていた私を無視して黙って通りすぎようとした、≪まってよ≫住職という事を告げるとタオルをほっかぶりし汗だくの作業着姿の私をジッとみて、≪・・・・・≫再び怪訝な顔をして行ってしまった。モラル欠落は国が崩壊する前ぶれです!大げさ?言い方があるでしょう!と謂われた。 知らんぷりポイ捨ては一向に減らない。常識無い大人の急増、それを子どもたちはどう感じているでしょうか!自分さえ良ければ人間がここまで増えた証ではないか?世直し・・・とんでもない。そうじゃないよ、そんな大それた考えじゃなくて 汚れに気付いたらどうするのよ。記憶にない/知らなかった/・・黙秘権?
 どうしてこうなってしまったか????? 「わからない!」   
 ♪ 悲しむなかれ わが友よ 旅の衣を ととのえよ 別れといえば 昔より この人の世の常なるを
         流るる水を  ながむれば 夢はずかしき 涙かな 
 ♪ (『惜別のうた』島崎藤村)
 
 まだ薄暗い早朝、本堂の前で手を合せている女性に気付いた。昨日の出来事で消化不良状態の気分が一瞬に消えました。毎朝 歩いて来られ、もう何年も続いている。
 いつの間に 日本人は変わってしまったのでしょうか!良いことは直ぐ忘れ、悪いことは長く記憶にのこるものです?
 今から50年前 本山長谷寺に参籠し、一緒に一か月間過ごした方の中に大きな感動を与えてくれた方がいた、名前がどうしても浮かばない。宗務所に勤めている知人に記録に残っていないか尋ねたら数日後≪判りましたので お知らせします≫と連絡が入った。同期の参籠者は7人で全国から集まった。男性4人、女性3人、女性の皆さんは住職が亡くなり護寺するため自分が僧侶資格を取得する方達だった。7人の中で私が一番若く20代前半、一番の年長者だった方は山形県長井市出身、教員を定年まで勤め終わってから参籠した、もう亡くなっていると思う。いまの自分があるのは、その方と本山で出逢ったことが大きかったとおもっている。
 落とす者あれば拾うものあり。忘れたものあれば気付く者ありで丁度良いのかもしれません・・・・・・ ありがとうございました。
 

3759:何を学んだか?

 昨日、某団体の理事会に監事の立場で参加、時節柄、オンライン会議となった。皆さん慣れたもので議論百出、真剣な討議の場となった。今 できることをできるやり方で行う。結果を焦っても仕様が無い、でも、黙って何もしない訳にはいかない。
 終わってから慰労のメールを送った。”少々疲れましたが 多くの意見があり感謝しています。”との返事があった。討議無きオンライン会議程虚しいものはない。
 50年の間に私は何を学んだのだろうか?住職と障害福祉の現場、これ以外の職業経験は無い。どちらも人相手の仕事で終わりが無い、目の前にある現実に向き合っていくしかない。それは自問自答の連続!≪嫌だったら止めれば良いじゃない。≫と、もう一人の自分が茶々いれる。
 福祉現場の虐待事件が一向に無くならないという話題になると、参加者皆さんの語気が強まった。加害者の責任が問われるのは当然だが、何故繰り返し起こってしまうのか?、個人の問題というより構造的な問題があるのではないかと。私も常々同じことを考えている。これは施設だけの問題ではなく社会全体に蔓延した根本的な事由があるからで今に始まった訳じゃない。長年積み上げてきた結果だから簡単に変える方法が見つからない。≪嫌だったら止めれば良いじゃないか!≫。「・・?」≪虐待をだよ≫
 
 無駄と有益・・・微妙ですね。誰にとって?何のために?と掘り下げて考えてみたら どうなるか?道徳と宗教の違い、道徳は超越者との関係ではなく、人と人の関係で規定されるもの、善悪や正邪を自覚的に判断し、正しく行為するための規範。フムフム。解かった様で判らない。
 人間は何を学んだか?最悪は”戦争”だ。戦時国際法があっても 相手が破棄すれば意味が無い。戦争という言葉にも「受験戦争」「交通戦争」「…戦争」と身近に新たな言葉が生まれている。変化は進歩とは限らず、退化もある。連休前の高速道路の大渋滞、それが嫌で外出を控えるか、機会を逸するのが嫌で強行するか! 選択は一様ではない。
 これも仏教の解釈では”欲”となる。無為、無策、無欲、無私、無謀・・・。障害福祉から学んだのは、生きると生き切ることの違いかもしれません(無私)。
 ☆彼岸と此岸の間に流れる三途の川、積み切れない財宝を持って船で渡ろうとする人達へ。愚行の反対語は「英断」「快挙」 (彼岸入りの朝)

3760:Time is money!

 嘗て有限の命を無限にしたいとあらゆる策を弄する者が望みを果たし 今も生き続けているでしょうか。自然の摂理に逆らい自分の思い通りにできた試しはない。九州に上陸した大型台風14号が猛威をふるい日本列島を縦横断、できることは自らの命を守るため安全な場所でジッとして通り過ぎるのを待つのみ。人知によって台風の進路を変えてしまうなど最たる妄挙でやるべきことは他にある。
 ≪時は金なり≫はフランクリンの言葉を日本人は誤解しているという。元々はビジネス向けに語られ、どうすればカネ儲けができるか! それが  ホンネとタテマエが錯綜し、嵩じて、カネ・カネ・カネ、の妄執にとらわれる。
 単刀直入に言うことを憚る日本人気質()は どうして生まれたか!『幣』という字、これは神前に供える幣束が本来の意味、それがいつの間に銀行券⇔貨幣(カネ)が主な意味となる。温和謙譲の美徳など昔の話で平和の祭典の裏表・・・・実に呆れた話で他人のカネで相撲をとってビジネス鉄則と勘違う。
 時は金なり→『機会損失』? → ”粋は身をくう”と弁えず。(如是我聞)
 
 記憶は自分の都合に合わせ思い出す・・・らしい。成りゆきをみて”ヨッコイショ”、やおら立ち上がる”後出しジャンケン”は禁じ手。前置き多く、回りくどい説明が保身のための”処世”なら 堪ったもんじゃ~ありません。粋な計らいとは真逆,タイム イズ マネー?
人情は悪弊か??斯くの如く相手への思いやりや慈しみは消えて行く。人のこころを一から学べと大いなる方が言っていなかったか??? 記憶にない  あああああ!
 何でもありが許されて・・・格差と不透明さにより律儀者が生き辛い世と成りはてる。
 ☆ 他の力によるものではなく、自らのうちに始源をもち生成変化するものを”自然”といい、人為・作為から区別された有りの儘のもの。(ギリシャ哲学)
  現代社会の病巣はこころの拠り所を見失い 彷徨い続ける。さて、その誘因は? GPSが人心の拠り所まで探せるか? (ナマグサの遍路日記)

3761:引き分け

 勝者が全てを失うこともあるし敗者が幸せを得ることもある。負けるが勝ちを道理に合わぬと思うか否か!・・・恩の腹は切らねど情けの腹は切る・・・恩に報いるために身を捨てる者は少ないが、義理人情のために身を捨てる者は多い。考えれば考えるほど奇々怪々、現世がそうなっている。言葉を変えれば”何でもあり”の時代、引き分けが無く勝敗に血眼、戦争の不安は決して無くならず、勝者たらんとするものが尊ばれ(?)権力の座につく。釈迦やキリストの時代も同様のことがあっただろうか。
 それで約2500年の時を経て、人間はどう変わったでしょうか???世界の人口が70億人を越え、更に増え続ける。少子化を問題にする国有れば,人口が増え過ぎ食料危機に直面する国もある。これは当事国だけの問題ではない。現実に起こっている地球上の危うさだ。
・・・・ことさらに殺し誤って殺す有情の命 あらわに取り秘かに盗る他人の財 触れても触れずしても非梵行を犯す 口四意三互いに相続し・・・・行住坐臥知ると知らざると犯す所のかくの如くの無量の罪 今三宝に対して皆発露し奉る・・・・(密厳院懺悔ノ文より)
 慈悲は抜苦与楽の意、施無畏(せむい)は衆生のおそれを除き救うこと(三施)。
 
 勝ち負けには、未来永劫同じ結果をうむ理はない。三法印(諸行無常⇔諸法無我⇔涅槃寂静)は仏教の基本思想です。障害福祉観の核心は≪この子ら世の光≫で≪この子ら世の光≫では無い。「を」と「に」の場所の違いで意味が大きく変わる。それを現実と照らしてみたら、残念だが未だそれに勝った試しはない。
 もし自分の人生が最初から決まっていたら人生はどう変わる?永遠のなるものを求め永遠に努めようとするだろうか。
 現実と理想の乖離は永久に無くならない。先が判っていないからこそ、いくらかでも差を縮めたいと願うんじゃないか。”老いる”ことは 自分と対峙するチャンス、”諦める”とは人生を明らかにすること、大切なことは焦らず驕らず自分を見つめることだと。
映画『ニーゼとのアトリエ』を前に触れた。ブラジルの精神病院で当たり前に行われていたショック療法を新任の女性医師(ニーゼ)が苦悶しながら変えようとする実話を映画化した。 光は生きるために無くてはならないもの。(如是我聞)

3762;流汗同労

 流汗同労(田村一二・茗荷村の村是)は、ルカンドウロウと読む。一緒に汗をかき労働することが理に適っているとする日本の障害福祉の先達・田村一二先生の教えである。いつの間に労働の価値が所得の多少に置き換わった。そこから底無し沼に足を踏み入れ抜け出せない様を呈することになる。生き辛さを感じながらも どうすれば良いかが判らない。
 まさに、・・六度の行を退して 還って流転三途の業を作ると宣した覚鑁(平安末、中興の祖)の予測の通りだ。同じ星に生まれた人間同士が互いに争い、自分達が乗る船を壊し荒海に漕ぎだす如し、これは愚行としか言えまい。見なさい!法の箍(タガ)を抜く者が後を絶たない。
 貧しい学生ラスコーリニコフの非凡人には犯罪も許されるとの間違った考えを気付かせるソーニャは現われないのか!(『罪と罰』)
 ・・・汝 あきらかに聴け 蓮華月輪 本来汝の胸中にあり・・・(風誦文の一節)
 ☆蓮華月輪・・・蓮華は泥中から穢れのない綺麗な花を咲かせ月輪は仏の智徳、衆生の菩提心の象徴という。
 ☆流汗同労・・・知的に障害をもつ人達の生き様からの智慧。
 
 私達は先人から何を学んだら良いのでしょう!蓮華月輪を全ての人間が元々持って生まれたという。衆生の菩提心は、相手を思いやる気持ちと慈しみを基盤として真理を会得しようとする道です。六度の行は、布施・持戒・忍辱・精進・禅定・智慧(六波羅蜜)、それを退けては流転三途(地獄・餓鬼・畜生)の業(行為)をつくる。これが生きる指標となり先祖を敬うという思いが生まれた。・・・? 過去形なの?今こそ自分自身を見つめよということですよ。
。斯様に私は学び教わった。いずれ老いを迎えた時必ず過去を振り返るでしょう。今の私がそうです。それは 自分の胸の内に収めていれば良いのかもしれない。
 決して他人事ではありませんよ。
  流汗同労、糸賀・田村・池田・・三人の先生は史上最強のタッグ、それぞれの生き様から学んだ人々が全国に散らばり、その教えを実践し頑張ってきた歴史が日本にはある。糸賀先生が説いた”光”は どうなったでしょう!社会の風潮に染まらず光輝いているだろうか!我々に対し『自分たちが目立ってどうになる。』・・・と。(お三方からの諫言)
 汝の胸中に在りですからね。言い訳は”ご法度”でしょう。もし誤っていたとすれば、慈悲の意味も違ってしまうでしょう。慈悲は抜苦与楽が本来の意味です。うわべの豪奢や華麗さに隠れ”悲しみ”となりませぬように。推しておして知るべし!