理事会

尚恵学園は毎月1回の主任会議と毎週月曜日幹部会議にて基本計画を作成しています
           

 施設長連絡会議の情報

理事会

  理事会(平成15年度第2回)

     理事会(平成15年度第3回)

     理事会(平成16年度第1回)

     理事会(平成16年度第2回)
     理事会(平成16年度第3回) 3月27日午後2時より開催。於)尚恵学園

     理事会(平成17年度1回目)5月14日実施於)尚恵学園

     理事会(平成17年度第2回目)平成18年2月4日於)ホテルロイヤル

     理事会(平成17年度第3回目)平成18年3月25日 於)コスモスU
     
     理事会(平成18年度第1回)平成18年5月20日 デイサービスにて

     理事会(平成18年第2回)平成18年9月9日 デイサービス
     理事会(平成18年度第3回)平成19年2月1日
     理事会(平成18年度第4回)平成19年3月24日
     理事会(平成18年度第5回)平成19年3月24日
     理事会(平成19年度第1回)平成19年5月19日
     理事会(平成19年度第2回)平成19年11月18日
     理事会(平成19年度第3回)平成20年2月23日
     理事会(平成19年度第4回)平成20年3月29日
     理事会(平成20年度第1回)平成20年5月24日
     理事会(平成20年度第2回)平成21年2月7日
     理事会(平成20年度第3回)平成21年3月21日
     理事会(平成21年度第1回)平成21年5月23日
     理事会(平成21年度第2回)
     理事会(平成21年度第3回)平成22年3月20日
     理事会(平成22年度第1回)平成22年5月22日
     理事会(平成22年度第2回)
     理事会(平成22年度第3回)平成23年3月27日
     理事会(平成23年度第1回)平成23年5月22日
     理事会(平成23年度第2回)平成23年11月5日
     理事会(平成23年度第3回)平成24年3月18日
     理事会(平成24年度第1回)平成24年5月26日
     理事会(平成24年度第2回)
     理事会(平成24年度第3回) 平成25年3月16日
     理事会(平成25年度第1回)
     理事会(平成25年度第2回)
     理事会(平成25年度第3回)
     理事会(平成26年度第1回)
     理事会(平成26年度第2回)書面評決
     理事会(平成26年度第3回)平成27年3月28日。(於:新成人寮)
     理事会(平成27年度第1回)平成27年5月23日
     理事会(平成27年度第2回)平成27年11月7日(いな穂)
     理事会(平成27年度第3回)平成28年3月11日(いな穂)
     理事会(平成28年度第1回)平成28年5月28日(ホテルアルファー:ザ 土浦)  
     理事会(平成28年度第2回)平成28年8月25日(神宮寺客殿)
     理事会(平成28年度第3回)平成28年12月17日(いな穂) 
     理事会(平成28年度第4回)平成29年3月18日(いな穂)
     理事会(平成29年度第1回)平成29年6月8日(神宮寺客殿)
     理事会・評議員会(平成29年度第2回・第1回)平成29年6月23日(観音寺客殿) *決算・事業報告。 新役員選出。
     理事会(平成29年度第3回)(神宮寺客殿)*事業計画・予算他
     理事会(平成30年度第1回)(いな穂) *事業報告・決算など     

 

   

   

全体会議

施設長調整事項

   ○GHしゃくなげの世話人について。補充が必要になった。
   ○職員の健康について。年休の取り方
   ○トイレの脱臭の工夫。監査指摘の項目。
   ○GHでの問題行為への対応。Eさん。

理事会

平成15年度理事会評議員会
 日時:11月22日午後3時(場所)尚恵学園
 協議経過
@尚恵厚生園作業室新築について
神立町1614番地に車イス対応の作業室を新築。自己資金で行う。最近の在宅利用者の急増により厚生
園の作業室が手狭になってしまったため。建築許可おり、八郷町神林木材と契約、設計は蜂谷事務所
自己資金
Aグループホーム自活ホーム新築について
GH「しゃくなげ」の敷地に自己資金でアパート自立前の生活経験の場として個室型ホームを新築。
GHとアパート生活の中間的生活ホーム。自己資金
B日本競馬会馬主福祉事業団助成金の受諾について
上記事業団からの201万の助成金を得て送迎マイクロを購入。デイサービス送迎用に使用。
C平成16年度国庫補助事業申請について
現在、県と協議中。単独型のデイサービスセンターを新設し、
現在の併設型サービスではまかなえない需 要に応えたい。
土浦市長推薦書。
D給与規程の一部改正について
期末勤勉手当の計算根拠として特殊業務手当を省く。さらに、人事考課制度の導入を検討中で来年4月を メドに特殊業務手当現在13%の見直しと細分化を実施したい。全職員に21日に理事長が説明了解をは  かった。
E補正予算
上記事業の実施に伴う補正及び支援費確定により補正を実施する。
法人へ1000万の個人寄付。(大野重明さまより)総収入に対する人件費割合66%強。

このページのトップへ

第3回理事会評議委員会
平成16年3月27日(場所)尚恵学園午後3時より評議委員会
                       午後4時より理事会
 『議案及び協議概要』
@平成16年度事業計画
  資料に基づき理事長が説明、先ず平成16年度の法人の基本方針、次に各部署の担当者より詳細説明。デイサービス事業の補助申請状況など
  
A平成16年度収支予算
  法人以下9本の予算書案説明、支援費単価の見直しで2%減額及び家庭帰省期間の2割カットにより減収が見込まれる。その埋め合わせとしてSSやDS及びレスパイトの受け入れを促進して対応していきたい。

B給与規程一部改正
  期末勤勉手当の中に特殊業務手当を除く
  職務加算の変更、栄養士、書記にボーナス時に加算があったのを廃止
(感想)
 役員の方から活発な意見が出され、今後の施設経営は創立者の理念に基づき時代のニーズに即した展開をしていくという意思統一で閉会した。

平成16年度第1回理事会:評議委員会
平成16年5月22日 午後2時〜4時  (於)ロイヤルレイクホテル
出席19名 欠席2名

提出議案
@平成15年度尚恵学園収支決算書
  
A平成15年度事業報告書
  *各担当より事業概要を報告承認された。
B土地買収について
  *神立町字青木下の田および粟野町山林の土地買収を承認された。いずれも移行時特別積立金を取り崩して費用にあてる。なお、この土地は将来の移築予定地として土浦市内に以前より探していたものである。
Cその他
(感想)
 法人スタッフを含め25名の役員会議はそれぞれの立場での経験豊かな意見が出され、迷走する今の福祉が将来をしかっり見据えた上で経営に当たるべきという示唆の富んだ大変貴重なものであった。(理事長)
平成16年度第2回役員会
平成17年1月15日 午後3時より ロイヤルレイクホテル

出席19名 欠席3名
@平成16年度第1次補正予算
Aデイサービスセンター補助事業について
B定款一部変更
Cノロウイルス感染について報告

冬帰省あけから嘔吐下痢をする利用者が出て、ノロウイルス感染ということで保健所の指導を受けて現在対応中であり、症状は軽く全員快方に向かっている旨報告した。そのほかの議案は全て了承された。
平成16年度第3回理事会
平成17年3月27日午後2時より 尚恵学園にて
出席者18名欠席4名
@平成16年度第2次補正予算
A平成17年度予算案
B平成17年度事業計画
C給与規程一部変更
D個人情報保護規程
E自立訓練棟の新築
F役員改選
 今回はデイサービスセンター新築に伴う補正が主なものであった。16年度3割工事にて実施、池田林業が落札。現在工事中を理事長より報告。17年度は新採用職員2名。10月1日予定でデイサービスセンターをスタートする。現在併設型で実施している。給与規程については業務手当てで直接処遇職員を13%と8%に分けた。当直回数によって区分け。個人情報保護法が4月1日よりスタートするが当法人として対象者5000名には該当しないために設置義務はないが今後のことを考えて今回厚生労働省のマニュアルに基づき作成した。自立訓練棟を木造で4部屋成人寮のグランドに建築する。いずれも原案通り承認された・役員改選時期にきたために継続して今の体制で行うことで全員の賛同を得た。
平成17年度第1回役員会
平成17年5月14日尚恵学園にて評議員会及び理事会出席者18名欠席3名
@平成16年度事業報告
A平成16年度監事監査報告
B平成16年度収支決算について決算書
Cデイサービスセンターの開設時期について(その他)
 別紙決算の如く平成16年度の会計及び事業の報告を実施。活発なる意見がでました。特にグループホームの運営についての質問が多くでました。平成17年度の支援費が1.7%減額になるので経費の節約及び新規事業のデイサービスの運営見通しについて意見交換しました。原案通りに承認されました。
会議終了後の雑談で様々な意見が出ました。繰越剰余金を残すから補助金がつかないのか、補助金が望めないから自主財源を貯めようとするのか、ニワトリが先か玉子が先かの問題か?
平成17年度第2回役員会
2月4日午後3時より評議委員会、その後理事会ホテルロイヤルにて
@平成17年度補正予算
A定款第10条2項の理事長代理選任について
B経理規定一部改正
『報告事項』
*平成17年度県実地検査報告
*成人寮移行時積立金の取り崩しについて
◎定例の役員会議、遅くなったが新年会と併せて実施した。原案通り賛同を得て決定されました。
平成17年度第3回役員会
3月25日午後3時より評議員会、その後理事会デイセンター「コスモス」にて
@平成18年度尚恵学園収支予算書
A平成18年度尚恵学園事業計画
B老朽改築建設基金積み立て
C自立支援法関係・・・利用者負担金及び重要事項説明書
*今回は4月から新法の導入にあたって非常に厳しい状況があり、特に予算面では未だ確定できないものが多く中間で再度補正を組むことで了承された。役員より様々な意見がでて2時間に及ぶ有意義な意見交換ができた。
平成18年度第1回役員会
5月20日午後2時より開催する。
 @平成17年度事業報告及び収支決算
 A監事監査報告
 B日本財団マイクロ補助申請について
 *4月よりスタートした自立支援法の対応が現場として大きな混乱をきたしている状況をそれぞれの担当者より報告。6月6日には全国決起集会を日比谷公園にて実施する予定。尚恵学園からも家族会の参加をお願いする。6月より障害程度認定作業がスタートし、今後の法人としての進むべき方向を決める上で重要な時期となる。
平成18年度第2回役員会
9月9日午後3時より
@定款変更について
A通勤寮;デイサービス補正予算
及び繰越金の新事業への移動について
Bその他
*活発なる意見が出る。特に自立支援法の10月実施による申請書関係の説明や今後の事業展開について理事長から説明を受けて役員から様々な意見が出された。
 県内の施設利用者の親の会の連絡協議会設置については積極的な賛成意見が出された。
平成18年第5回理事会
3月24日午後4時デイサービスセンター
@平成18年度補正予算
A平成19年度事業計画
B平成19年度収支予算
C給食業務委託
D移行時積立金取り崩し
E就業規則一部改正
F役員改選
 変更は評議員の金澤氏の辞退申し出により飯野理事が評議員を兼務。理事長は住田福祉が行うことで了承を得た。
平成19年度第1回役員会
5月19日午後3時コスモス開催
@平成18年度事業報告
A平成19年度収支決算
B監事報告
Cその他
 *新体系への移行は平成20年4月に実施の方向で進める。21名中4名の欠席、17名の出席でいろいろな意見が出て
  課題の共有を計るのに役立った。
平成21年度第2回役員会
2月7日午後3時コスモス
@定款変更
  *役員定数の変更現行理事10名評議員21名監事2名→改正理事6名評議員13〜15名監事2名
A平成20年度補正予算
Bその他
  *平成24年度に向けての事業展開及び現状の課題。
 今回も活発な意見交換がありました。尚恵学園の伝統を大切に今後とも協力して事業展開していくことで賛同を得ました。
平成21年度第1回役員会
 5月23日(土)コスモス
 @平成20年度事業報告及び決算報告
 A土地の取得について
 B理事長職務代理者の選任について
  *1名の欠席であった。今後の事業展開に関して活発なる意見が出る。
平成21年度第3回役員会
 3月20日(土) コスモス
 @平成21年度補正予算
 A平成22年度予算および事業計画
 B定款一部改正
 C給与規定一部改正
  *熱心な討議がなされ、次に各役員の思いを冊子にしたいということになりました。
平成22年度第3回役員会
 3月27日(日)コスモス
 @平成23年度予算
 A平成23年度事業計画
 B役員改選
  *評議員に木塚朝博氏及び川田敏子氏
 C就業規則一部改正など

・・・・・中略・・・・・・

 平成28年度第1回役員会
 5月28日(土)ホテルアルファー:ザ 土浦
@平成27年度事業報告
A平成27年度決算
B平成27年度補正予算
C基本財産処分
Dその他
 理事者全員出席、
 
 平成28年度第3回役員会
 12月18日(日)午後2時〜 (於)いな穂
@社会福祉法人 尚恵学園 定款の改正
A評議員選任・解任委員会運営規定の制定
B役員報酬規程の制定
報告事項
@旧成人寮跡地の整備
Aその他
*法改正後の変更説明と定款の改正、それと評議員と理事の役割の説明と人数理事6名、評議員7名と決定。
 2時〜4時半まで 熱心な討議が行われた。在り方検討会の進捗状況と整備計画について説明する。
 平成29年度第2回理事会・第1回評議員会 
 6月23日 2時・3時 (於)観音寺客殿
 @平成28年度決算・事業報告
 A新理事の選任(評)
 B理事長・監事選出(理)
 C充実残額他 土地の購入など。
 理事6名。評議員7名。幹事2名。理事長に住田福祉選出


このページのトップへ