SJKの基本理念
共生
きょうせい

 

平成30年度SJK体系図  

                                                                     平成30年度基本方針   

SJKネットサービスの意味

                 Satisfaction(満足)  = Shokei(尚恵学園)
                 
Joyfulness(喜び)   = Jinguji(神宮寺)
                 
Kindness(思いやり)  = Kannonji(観音寺)
3つの柱を掲げ、それぞれが一体となってより質の高いサービスを目指すグループという意味です

努力目標

 良きサービスを通じて 利用者の心を打つ満足を
                       創意:工夫:責任:真心のある限りない挑戦

SJKネットサービスのモットー

   自分の力で生きて 働き 共に寄り添い 助け合い
                          共に良かったと感じたい

仏教社会事業の基本  トップへ

まんだら思想
いかなる時でも,いかなる所でも、多種多様な人間が集まり、お互いが相手を尊重し【満足・喜び・
おもいやり】によって,人間の尊厳をもって当たり前に生きられる社会の実現に向けてお手伝いし
ます。

                      ・・・・SJKネットサービスの活動理念・・・・
まんだら
理念の根拠
〇 いかなる時 ⇒ 常に世の中は変化して止まない。         無常迅速
〇 多種多様な ⇒ 平均的な人間よりは,個人の特徴を最大限に育てる。
天上天下唯我独尊
〇 お互いが相手を ⇒ 自分にとって良いことが他人にとっても良い。 
自利利他
〇 人間の尊重 ⇒ どんな人にも仏性(すばらしさ)がある。   
  皆悉有仏性
布施行(実践)

〇 財施(ざいせ)・・・・・寺の活動からの収入を有効に活用する。
               地域の方の暖かい支援=布施
〇 
法施(ほっせ)・・・・・仏教の教えの実践
               自分だけが幸せになればではなく。
〇 
無畏施(むいせ)・・・人の苦しみを救う
               恐れを取り除く


No:170
基本スタンス継続

四弘誓願
  @衆生無辺誓願度(しゅじょうむへんせいがんど)
  A煩悩無尽誓願断(ぼんのうむじんせいがんだん)
  B法門無量誓願学(ほうもんむりょうせいがんがく)
  C仏道無上誓願成(ぶつどうむじょうせいがんじょう)


〇 際限の無い仕事に永遠に挑戦。
菩薩勝恵者  乃至尽生死  恒作衆生利  而不趣涅槃
本当に悟りを開いた者は、自分が一生を掛けて、人々の為に実践をし、しかも、その事で自己満足しないこと。

四無量心(しむりょうしん)
 @慈・・・生きるものに楽を与えること
 A悲・・・苦を抜くこと
 B喜・・・他者の楽をねたまないこと
 C捨・・・好き嫌いによって差別しないこと
仏教的な愛の心。利他の心。

  理事会法人を支援していただいている

法人理事会理事6名
監事2名
新年会を兼ねて市内ホテルにて

評議員会
        現在理事6名監事2名の法人役員会へ評議員7名を新たに迎えて合計14名
        
        構成メンバーとしては観音寺・神宮寺から役員,職員、利用者の家族、地域の方にお願しています。